占いを信じるメリット

様々な占いについて知る!

占いには、沢山の種類があります。
西洋から入ってきた西洋占星術やタロットカード、ジプシーカード、東洋から入ってきた易、風水、四柱推命、九星気学、他にも手相や人相、姓名判断、数秘学などがあります。
占いは過去・現在・未来を鑑定するものでが、死期や試験の合否は分かってもそれをクライアントに告げてはいけない事になっています。
様々な種類がありますが手相や人相は今現在を鑑定するものになります。
これは生活していく中で変化していくものなので長いスタンスを鑑定するものではありません。
運気を上げる物としては姓名判断や風水が良く名前は良い字画にしたりできますし、戸籍は変更できなくても俗称として使用していくと運気が上がるものです。
風水も良い運気を呼び込む力を持つもものです。
西洋占星術や四柱推命、九星気学はある程度決まった法則の元に成り立っている物なので長いスタンスを鑑定できますし、それにより今後の道筋を決められるので占いとしては十分に力を発揮するものです。
タロットカードやジプシーカードなどはクライアントにカードを引いてもらう事が一番よいです。
カードをクライアントに触られてはいけないとか言われますがクライアント自信がカードを引くことによりカードは力を発します。
様々な種類がありますが自分に合った物を探すとよいでしょう。

占いを信じるメリット

悩みがあったり不安があったりするとついつい頼りたくなってしまいますが、あなたは占いを信じますか、信じませんか。
そもそも一口に占いと言っても、毎日のニュースでやっている星座を扱ったものからタロットカードや水晶玉を使った本格的な物まで、実に様々な方法があります。
しかも出てくる結果が正反対の場合もあり、信じていいのかどうか怪しく思ってしまうこともあるでしょう。
確かに全ての結果を鵜呑みにして一喜一憂していては疲れてしまいますが、占いを有効に活用することで毎日が楽しく過ごせます。
例えば、いい結果が出れば気分良く過ごせますし、あなたの機嫌がいいことで場の雰囲気が明るくなったり周りにも親切にできたりするでしょう。
普段は勇気が出ないことでも、運がいいと言われた日には積極的に取り組むことができるかもしれません。
反対に、悪い結果が出たとしてもそう落ち込むことはありません。
なぜなら大抵どうすれば悪い結果を回避できるのかが、一緒に示されるからです。
つまり悪い結果が出たから終わりではなく、悪い結果を事前に知ることでそれに対処できるということです。
信じるのは馬鹿馬鹿しいと思うかもしれませんが、気の持ちようで出来事の受け止め方はがらりと変わり、楽しく過ごせるのなら信じてみるのもいいのではないでしょうか。

recommend

防犯カメラの企業を熊本で探す
SSL
映像制作会社を大阪で探す

最終更新日:2018/9/3

Copyright(C) 2015 Fortune Teller. All rights reserved.